ガバナンス

  • グループコーポレートガバナンス

  • コンプライアンス

グループコーポレートガバナンス

三井倉庫グループは、持続的な成長と中長期的な企業価値向上を目指し、経営基盤としてのグループガバナンスを重視し、方針を定め取り組んでいます。またそれらの方針のもと、会社の意思決定や監督などを行う各機関を設置するほか、執行役員制度を導入して業務執行と監督を分離し、取締役及び執行役員の執行権限と責任を明確にするなど、ガバナンスの強化を図っています。
※当社のコーポレートガバナンスに関する詳細は、東京証券取引所に提出している「コーポレート・ガバナンスに関する報告書(2022年7月1日提出)」をご覧ください。


ガイドライン

コーポレートガバナンスに関する基本的な考え方、枠組み及び運営方針を明らかにするため、「三井倉庫ホールディングス コーポレートガバナンス・ガイドライン」を制定いたしました。
三井倉庫ホールディングス コーポレートガバナンス・ガイドライン(2022年7月15日改訂)


関連資料


※「女性活躍推進」特設ページはこちら