環境

  • 三井倉庫グループ環境方針

  • 環境マネジメント

  • 事業を通じた
    環境保全の取り組み

CO2排出量の削減

当社グループは、建設した倉庫の屋上緑化や太陽光パネル設置により、CO2排出量の削減に貢献しています。また、倉庫内や事務所の電気・空調の適切な管理・運営を行うことで省エネルギー化を推進しています。

屋上緑化

施設の屋上に緑化を行い、屋根の温度上昇の抑制や建築物の遮熱、景観の向上に努めています。

会社名 拠点名 緑化面積
三井倉庫(株) MSC深川ビル1号館 420㎡
三井倉庫(株) MSC深川ビル2号館 495㎡
三井倉庫(株) 辰巳事務所 1680㎡
三井倉庫(株) 多摩レコードセンター 108㎡

太陽光パネルの設置

当社グループでは、建設した倉庫の屋上に太陽光パネルを設置し売電することにより、CO2排出削減に貢献しています。

関東P&Mセンター

想定発電量は年間36万kwを想定、CO2削減効果は年間182トンを見込んでいます。

飛島事務所 定温倉庫

想定発電量は年間30万kwを想定、CO2削減効果は年間151トンを見込んでいます。

関西P&Mセンター A棟

想定発電量は年間21万kwを想定、CO2削減効果は年間118トンを見込んでいます

関西P&Mセンター B棟

想定発電量は年間31万kwを想定、CO2削減効果は年間156トンを見込んでいます。



共同倉庫・共同配送の推進

当社グループは、荷主様や輸送業者が協働し集荷・配送を行うことで、輸配送車両を減らし、CO2削減、大気汚染低減を図る共同倉庫・共同配送を推進しています。この取り組みは、効率化による物流コスト削減、多品種の小口商品の配送を可能にするなど、お客様の物流課題も同時に解決します。なお、三井倉庫ロジスティクスでは、同業他社と協力し製配販連携ロジスティクスプラットフォームを構築し納品先への共同配送を推進した結果、2017年に一般社団法人日本物流団体連合会による「物流環境大賞」において物流環境特別賞を受賞しました。

共同配送(ミツノリ)

少量の貨物を個別に配送すると、輸送費がかさみ配送効率が悪くなり、また、交通渋滞が起こります。
そういった問題を解決するため、荷主や輸送業者がお互いに共同しながら集荷や配送をする「共同配送」というシステムが提唱されました。

「物流コストを削減できる」「配送時間の効率化を図れる」「多品種の小口商品を配送できる」などの利点がありますが、輸配送車両台数が減ることで、排気ガスやCO2も削減でき、環境問題への改善にも貢献しています。

※株式会社ミツノリは、1950年に福井県福井市に誕生した総合物流企業です。
倉庫部門と運輸部門を併せ持ち、当社グループの北陸地区の拠点としての機能も果たしています。



東京都地球温暖化対策報告書

三井倉庫グループでは事業を行う中で、使われるエネルギー使用量とCO2排出量の削減に努め、東京都地球温暖化対策報告書にその実績を報告しています。



グリーンボンドの発行

2020年3月、当社は物流会社(注1)としては国内初の環境負荷低減に配慮した物流施設の建設資金としてグリーンボンドを発行いたしました。

当社が現在実行中である「中期経営計画2017」は、21年3月期からの残り2年間では、持続的成長に向けて圧倒的な現場力の構築や統合ソリューションサービスの進化に加え、物流という重要な社会インフラを担う企業として社会的責任を果たすため、ESG経営を推進してまいります。


その具体的な取組みとして、当社グループの成長領域である医薬品・医療機器業界を中心としたヘルスケア事業専用の物流施設「関東P&MセンターB棟」を2021年6月に新設いたしました。

当該物流施設は免震構造や自家発電設備など、非常時においても事業を安定的に継続させるために必要な最新設備を実装するとともに、自家消費型太陽光発電や高規格のトラックバースなど物流業務の省力化や環境負荷の低減にも配慮した環境性の高いものとなりますので、その建設費用をグリーンボンドの発行により調達することといたしました。

(注1)TOPIXの33業種区分のうち「倉庫・運輸」「陸運業」「空運業」「海運業」を「物流会社」と定義しております。

グリーンボンドの概要

発行体 三井倉庫ホールディングス株式会社
名称 三井倉庫ホールディングスグリーンボンド
発行日 2020年3月8日
年限 10年
発行額 50億円
利率 0.45%
資金使途 関東P&MセンターB棟建設のための転貸資金
社債格付 A-(JCR)
主幹事 SMBC日興証券
野村証券
Green Bond Structuring Agent SMBC日興証券

プロジェクトの進捗状況

竣工予定時期 2021年6月
建設に関する進捗状況 設計期間、各種申請手続きを経て2020年6月に着工し、2021年6月に当初の予定通り竣工いたしました。 詳細に関しましては2021年6月21日付リリースをご覧ください。
CASBEE評価取得に関する進捗状況 CASBEE埼玉県による環境性能評価においてA評価(大変良い)を取得しております。

資金の充当状況

2021年6月末時点での資金の充当状況は以下の通りです。

(単位:百万円)

期首残高 5,000
子会社である三井倉庫の建設資金支払のための転貸 ▲5,000
残高(2021年6月末時点) -

グリーンボンド評価の発行時及び発行後レビューの状況

当社は本社債に関して発行時及び発行後のレビューにおいて、株式会社日本格付研究所(JCR)によるグリーンボンド評価の最上位評価である「Green1」の評価を受けております。


  • 評価の詳細については以下リンク先の「2020年3月3日付ニュースリリース(発行時評価)」及び「2021年3月9日付けニュースリリース(発行後レビュー)」よりご覧ください。
    三井倉庫ホールディングス|日本格付研究所 - JCR (※日本格付研究所(JCR)のサイトへ遷移します)