三井倉庫ホールディングス、ESG投資指数構成銘柄に選定

~ ESGの対応に優れた日本企業のパフオーマンスを反映するインデックス、
「FTSE Blossom Japan Sector Relative Index」の構成銘柄として ~



三井倉庫ホールディングス株式会社

三井倉庫ホールディングス株式会社(東京都港区、代表取締役社長:古賀 博文)はこのたび、FTSE Blossom Japan Sector Relative Indexの構成銘柄として選定されましたことをお知らせいたします。

FTSE Blossom Japan Sector Relative Indexについて

グローバルインデックスプロバイダーであるFTSE Russellにより構築されたFTSE Blossom Japan Sector Relative Indexは、各セクターにおいて相対的に、環境、社会、ガバナンス(ESG)の対応に優れた日本企業のパフオーマンスを反映するインデックスで、セクター・ニュートラルとなるよう設計されています。また低炭素経済への移行を促進するため、特に温室効果ガス排出量の多い企業については、TPI経営品質スコアにより改善の取り組みが評価される企業のみを組み入れています。同Indexの詳細につきましては、以下のリンクをご参照ください。
https://www.ftserussell.com/products/indices/blossom-japan(FTSE Russell社のWEBサイトへ遷移します)

FTSE Russell (FTSE International Limited と Frank Russell Companyの登録商標)はここに三井倉庫ホールディングス株式会社が第三者調査の結果、FTSE Blossom Japan Sector Relative Index組み入れの要件を満たし、本インデックスの構成銘柄となったことを証します。FTSE Blossom Japan Sector Relative Indexはサステナブル投資のファンドや他の金融商品の作成・評価に広く利用されます。

三井倉庫グループ(以下当社グループ)ではこれまでもESG経営・サステナビリティを重要な経営課題の一つとしてとらえ、様々な施策の取り組みや開示を行ってまいりました。
今後も当社グループは「物流」という重要な社会インフラを支える企業集団として、新たな価値を創出することで、持続可能な社会の実現、企業価値の向上を目指します。

本件に関するお問い合わせ先

三井倉庫ホールディングス株式会社
経営企画部広報室
メール:kouhou@mitsui-soko.co.jp

三井倉庫ホールディングス ニュース一覧に戻る