CSR

環境


  • 社内の取り組み

  • 事業を通じた
    環境保全の取り組み

  • 環境データ集

  • 環境方針/環境保全に
    関する法規等の遵守

社内の取り組み

環境方針

三井倉庫グループは、企業の社会的責任の一環として環境に関するグリーン経営への取り組みを積極的に推進しております。

【理念】

三井倉庫グループは、物流事業を通じて社会に貢献するという企業理念の下、環境に配慮した事業活動を推進することにより、地球環境の保全に貢献し、社会から一層信頼される企業を目指します。

【方針】

  1. 環境保全に関連する法規等を遵守します。
  2. 事業活動が環境に与える影響に配慮し、以下の環境保全への取り組みを推進します。
    (1) 施設及び設備の保守点検、各種省エネ機器・車両の導入などを通じ、エネルギー効率の向上に努めます。
    (2) 廃棄物の適正処理とリサイクルを推進します。
    (3) エネルギー・資源の節約及びごみの発生抑制、エコマーク製品の購入・使用の優先に取り組みます。
    (4) 環境保全に取り組む企業として、環境保全の普及と地域との共生に努めます。
  3. 環境保全への取り組み状況を把握し、改善の目標などを定めた行動計画を作成、推進、見直すことにより、環境マネジメントシステムの継続的改善に努めます。
  4. 環境教育、広報活動を通じ、環境保全に対する三井倉庫グループ社員の理解と意識の向上に努め、社員一人ひとりが自主的に環境保全への取り組みが出来るよう支援します。
  5. この環境方針は、ホームページに掲載するなど、広く社外に公開します。

平成17年2月1日

グリーン経営認証

従業員への取り組み

【従業員の職場での取組み】

当社グループでは、職場の省資源化に取り組み、CO2排出削減に貢献しています。

不要照明の間引き、休憩時の消灯

「クール・チョイス」の実施

クール・チョイスとは、環境省が気候変動対策及び温室効果ガス削減をテーマにしたキャンペーンです。世界に先行して低炭素社会を実現するためには、世界に誇る日本の省エネ・低炭素型の「製品」、「サービス」、「行動」などを積極的に生活の中に取入れていくことが大切です。みんなが一丸となって温暖化防止につながる活動を行ってもらうため、統一ロゴマークを設定し、政府、産業界、自治体、NPO等が連携して、国民に広く呼びかける運動としてスタートされ、当社グループも今年より協賛企業として参加しています。

紙資源の削減

ペーパーレス化の推奨、社内使用のカラーコピー禁止、印刷方法の変更(製本印刷・複数アップ印刷の活用など)など、使用する紙資源の削減に取り組んでいます。

事業を通じた環境保全の取り組み

屋上緑化

当社グループでは、施設の屋上に緑化を行い、屋根の温度上昇の抑制や建築物の遮熱、景観の向上に努めています。

会社名 拠点名 緑化面積
三井倉庫(株) MSC深川ビル1号館 420㎡
三井倉庫(株) MSC深川ビル2号館 495㎡
三井倉庫(株) 辰巳事務所 1680㎡
三井倉庫(株) 多摩レコードセンター 108㎡

CASBEEの取得

CASBEE(建築環境総合性能評価システム)とは、平成13年、国土交通省の主導によって作られた建築物の環境性能評価システムです。 Sランク(素晴らしい)、Aランク(大変良い)、B+ランク(良い)、B-ランク(やや劣る)、Cランク(劣る)の5段階で格付けされ、Aランク以上がサステナブル建築(環境に配慮した建築物)として優良とみなされます。 近年建設した当社グループ施設は、CASBEE (国土交通省主導の建築環境総合性能評価システム)においてAランクに評価されています。

CASBEEのA評価取得施設

MSC深川ビル2号館

辰巳事務所

茨木レコードセンター

※茨木レコードセンターは、一般社団法人日本物流団体連合会主催の環境対象特別賞を受賞しております。

太陽光パネルの設置/LED照明

当社グループでは、建設した倉庫の屋上に太陽光パネルを設置し売電することにより、CO2排出削減に貢献しています。

関東P&Mセンター

想定発電量は年間36万kwを想定、CO2削減効果は年間182㌧を見込んでいます。

発電実績はこちら

飛島ターミナル事務所 定温倉庫

想定発電量は年間30万kwを想定、CO2削減効果は年間151㌧を見込んでいます。

発電実績はこちら

関西P&Mセンター A棟

想定発電量は年間21万kwを想定、CO2削減効果は年間118㌧を見込んでいます。

発電実績はこちら

関西P&Mセンター B棟

想定発電量は年間31万kwを想定、CO2削減効果は年間156㌧を見込んでいます。

発電実績はこちら

エコカー切替/共同配送

エコカーへの切り替え

当社グループでは、社用に用いる車を、燃料系自動車から電気自動車に切り替え、CO2排出削減に貢献しています。

会社名 拠点名 台数
三井倉庫ホールディングス株式会社 本社 2
三井倉庫株式会社 関東支社 4
三井倉庫株式会社 中部支社 営業第一チーム 1
三井倉庫株式会社 関西支社 管理部 2
三井倉庫株式会社 西神戸事務所 1
三井倉庫株式会社 四国営業所 1
三井倉庫エクスプレス(株) 中部国際空港センター 1
三井倉庫エクスプレス(株) 名古屋営業所 1
三井倉庫ロジスティクス株式会社 名古屋営業所 1
三井倉庫ロジスティクス株式会社 越谷営業所 1
三井倉庫ロジスティクス株式会社 鳥取営業所 1
三井倉庫ロジスティクス株式会社 東北営業所 1
三井倉庫ロジスティクス株式会社 新田営業所 1
三井倉庫ロジスティクス株式会社 首都圏第二支店(越谷) 1
三井倉庫ビジネスパートナーズ株式会社 茨木レコードセンター 1
三井倉庫九州株式会社 北九州営業課 1
三井倉庫九州株式会社 福岡営業部 営業課 1
アイエムエキスプレス(株) 本社 1
株式会社サンユーサービス 本社 1
サンソー港運(株) 第一事業所 1
三興陸運(株) 本社 1
株式会社ミツノリ 営業部 1
MSロジテクサービス株式会社 本社 1
MSロジテクサービス株式会社 市川事業所 1
MSロジテクサービス株式会社 習志野事業所 1
MSロジテクサービス株式会社 岩槻事業所 1
MSロジテクサービス株式会社 南大阪事業所 1

共同配送(ミツノリ)

共同配送への取組み

少量の貨物を個別に配送すると、輸送費がかさみ配送効率が悪くなり、また、交通渋滞が起こります。
そういった問題を解決するため、荷主や輸送業者がお互いに共同しながら集荷や配送をする「共同配送」というシステムが提唱されました。

「物流コストを削減できる」「配送時間の効率化を図れる」「多品種の小口商品を配送できる」などの利点がありますが、輸配送車両台数が減ることで、排気ガスやCO2も削減でき、環境問題への改善にも貢献しています。

※株式会社ミツノリは、1950年に福井県福井市に誕生した総合物流企業です。
倉庫部門と運輸部門を併せ持ち、当社グループの北陸地区の拠点としての機能も果たしています。

環境データ集

大規模事業所CO2排出量

【環境保全活動データ】

2011年度 2012年度 2013年度 2014年度 2015年度 2016年度
MSCセンタービル 3,708 4,318 4,636 4,603 4,434 3,988
箱崎ビル 8,275 10,549 11,795 9,894 11,462 12,576
11,983 14,867 16,431 14,497 15,896 16,564
前年度比 - 2,884 1,564 ▲1,934 1,399 668

グリーン経営認証

グリーン経営の取得

グリーン経営とは、自主的・計画的に環境対策を進めながら、経営面での向上を図っていく経営をいいます。
グリーン経営認証は、認証機関となる公益財団法人交通エコロジー・モビリティ財団が、グリーン経営推進マニュアルに基づいて一定のレベル以上の取組みを 行っている事業者に対して、審査の上認証・登録を行うものです。
当社グループでは、環境負荷軽減のため、倉庫業、トラック事業において認証を取得しており、そのうち46事務所が永年登録商標(初年度登録から10年継続して認証登録された事務所に対してされる表彰)されています。

環境方針/環境保全に関する法規等の遵守

地球温暖化対策

三井倉庫グループでは事業を行う中で、使われるエネルギー使用量とCO2排出量の削減に努め、東京都地球温暖化対策報告書にその実績を報告しています。

東京都地球温暖化対策報告書