三井倉庫ホールディングス株式会社>採用情報>社員の声>木村 瑞季

木村

木村 瑞季

<入社年度> 平成25年
<学部> 法学部
<部署> 三井倉庫(株)出向 関東支社 東京港第1事務所

 

物流の最前線

三井倉庫(現三井倉庫ホールディングス)に入社して、最前線である現場の倉庫で働いています。
事務所全体で様々なお客様の多種多様な商品を扱っていて、主な業務はその入庫・出庫に関わるものです。私はその中で平判(紙)とワインを担当していて、それらの主に入庫業務を行っています。
入庫業務の主な流れとしては、お客様の希望を聞きながら作業スケジュールを組んで、正しい数・状態で入庫しているかなどを確認し、全ての作業が完了したら報告書を提出します。こうして書くと単純に思えますが、実際はイレギュラーなケースも数多くあり、日々そうした状況に適切に対応できるように取り組んでいます。そこが難しくもあり面白くもあるところです。
また商品によって入庫方法や保管方法が異なるので、それぞれの商品に対する知識を深めることも必要になります。そうしてお客様の要望に対応したり、現場の作業員と話し合ったりしながら、担当している商品が問題なく管理されるように努めています。

面倒見のよい先輩が多くいます

穏やかな人が多く、和気あいあいとした雰囲気で働ける環境です。
私は就職活動をしていたとき、「社内の雰囲気」を会社を選ぶ上での重要なポイントとして考えていました。面接を受けるために本社を訪れた際に、年配の男性社員と若手の女性社員が廊下ですれ違った場面に出くわしましたが、とても仲良さそうに会話をはじめた様子が非常に印象的でした。そのときに感じた雰囲気は事務所でも同じで、年次が離れていても仲良くしてくださる先輩社員ばかりです。
仕事に関しても、わからないことを尋ねると丁寧に教えてくれたり、困難な事態について相談にのってくれたりします。そうして学んだことを、次は自分なりに応用して対応できるようになってほしいという意思も感じます。周りに優しい人が多く、働きやすい職場です。

先入観を持たず、様々な仕事についての好奇心を!

私は就職活動を始めた当初は、三井倉庫の存在を知りませんでした。それが色々な業種を見るうちにたまたま出会い、受けてみると雰囲気を気に入り、今ではその一員となっています。
就職活動をするにあたって、興味を持つ業種・会社が最初は限られているかもしれません。しかし自分がその存在を知らないだけで、この世には数多くの仕事があります。あるいは存在は知っていても、その仕事の面白さに気づいていないだけかもしれません。就職活動の時期は、そうしたあらゆる企業が自社の仕事についての情報を積極的に与えてくれる貴重な時期です。社会人になってしまうと、そのような時期はもうありません。
ぜひこの機会に、先入観を持たずに様々な仕事について知ろうとしてみてください。そしてご自分の納得のいく就職活動をしてください!

ページトップへ