三井倉庫ホールディングス株式会社>採用情報>よくあるご質問

採用情報トップへ戻る

  • 三井倉庫グループの強みは何ですか?
    当社グループは1909年設立以来100年以上の長い歴史があり、この歴史の中で培ってきたノウハウなどのソフト面、更に我が国を代表する総合物流企業として、国内はもとより世界の主要各国において物流拠点を確保するなどのハード面の両方を兼ね備えている点が強みですが、何よりの強みはこれらソフト、ハード両面を効率的に運営できる社員が多くいるということです。
  • 持株会社制移行に伴う、グループ体制について教えてください。
    グループ全体を統括する持株会社である三井倉庫ホールディングスと、各事業を担う事業会社が並存する体制となります。 事業会社には、倉庫・港湾運送事業を担う「三井倉庫」、グローバルフロー事業を担う「三井倉庫インターナショナル」、グローバルエクスプレス事業を担う「三井倉庫エクスプレス」、ロジスティクスシステム事業を担う「三井倉庫ロジスティクス」、サプライチェーンソリューション事業を担う「三井倉庫サプライチェーンソリューション」、トランスポートネットワーク事業を担う「三井倉庫トランスポート」の6事業会社がございます。 詳細については、こちら をご覧ください。
  • 配属、ジョブローテーションについて教えてください。
    三井倉庫ホールディングスに入社された方は、三井倉庫ホールディングスだけでなく、各事業会社にも配属される可能性があります。事業会社に配属される場合は、あくまでも三井倉庫ホールディングスに在籍をしたまま、各事業会社にて業務を行うということになります。配属については、入社前に希望アンケートを実施しています。 入社後のジョブローテーションにつきましても、グループ各社をまたぐジョブローテーションが行われます。一例を挙げますと、入社時は、「三井倉庫」に配属され、数年後に「三井倉庫ホールディングス」に異動、その数年後に「三井倉庫インターナショナル」に異動ということもあり得るということです。ジョブローテーションは個々人の知識・経験の幅を広げ、また組織を活性化するものですので、定期的ではありませんが、平均して3~4年に1回の割合で実施しております。当社では年に1回自己申告制度を設けており、その際に申告された本人の希望を考慮してローテーションを実施しております。
  • 選考方法について教えてください。
    エントリーしていただいた方にその後、Webテストの実施とエントリーシートの募集をいたします。その後面接(2~3回程度予定)に進み、人物・適性・成績等を総合的に判断して採用の可否を決定いたします。
  • 採用にあたって語学力は必要ですか?また、海外で働ける可能性はどのくらいありますか?
    必須ではありませんが、当社は総合物流企業としてグローバルな業務展開をしておりますので、一定レベルの語学力は必要です。また現在約60名の社員が海外で勤務しており、希望すれば海外に赴任する可能性は大いにあります。
  • 社員の平均年齢と勤続年数を教えてください。
    従業員平均年齢 40.9歳 従業員平均勤続年数 11.9年

    (2017.3月末現在)
  • OB・OG訪問は可能ですか?
    人事部からのOB・OGご紹介は、個人情報保護の観点から控えさせていただいております。
    しかし、大学からのご要望により卒業生名簿を配布したり、学校にて会社説明会を開催する場合がありますので、キャリアセンター等にご確認ください。
  • 育児休業制度について教えてください。
    ワークライフバランス支援を充実するため、育児・介護休業法に対応した、仕事と家庭の両立をしやすい職場づくりを進めています。

ページトップへ