三井倉庫ホールディングス株式会社>IR情報>個人投資家の皆様へ>将来像

「中期経営計画2017」の実行

2018年3月期を初年度とし2022年3月期を最終年度とする「中期経営計画2017」の実行により、「お客様から信頼されるファーストコールカンパニー」を目指します。

事業運営の基本方針

  • 抜本的な事業収益力の強化
  • 財務基盤の再建
  • グループ経営の強化による顧客起点の統合ソリューションサービスの構築

持株会社制による成長のスピードアップ

各事業会社は任せられた権限内でスピーディな意思決定を行い徹底的に成長機会を追求し、持株会社はグループ全体最適の観点から戦略を立案し事業会社を支援する、という役割分担で、成長を一層スピードアップさせます。

                           
三井倉庫ホールディングス(株)持株会社・不動産事業
三井倉庫(株)倉庫事業・港湾運送事業
三井倉庫インターナショナルグローバルフロー事業
三井倉庫ロジスティクス(株)ロジスティクスシステム事業
三井倉庫エクスプレス(株)グローバルエクスプレス事業
三井倉庫サプラーチェーンソリューション(株)サプライチェーンソリューション事業
三井倉庫トランスポート(株)トランスポートネットワーク事業

ページトップへ