三井倉庫ホールディングス株式会社>IR情報>個人投資家の皆様へ>グループCEOご挨拶

グループCEO ご挨拶

株主・投資家の皆様には、平素よりご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

当社グループは、これまで成長戦略の実現のため様々な施策を実行し、多様化するお客様のニーズに対応可能なフルスペックの物流機能を構築し、グローバル・ロジスティクスカンパニーへの新たなステージへ向けて、着実に歩みを進めております。

一方、2017年3月期末決算においては、これまで買収した子会社の事業計画や一部物流事業用資産の回収可能価額を中長期を見据え慎重に見直したことにより、多額の減損損失を計上し自己資本を大きく毀損いたしました。

このような状況を反転させるべく、新経営体制の下、様々な施策に着手を開始し着実な成果が現れてきている中、2017年11月、新たな5ヵ年計画である「中期経営計画2017」を策定いたしました。同計画では、事業リスクを充分に考慮し具体的な施策を着実に積み上げることで、最初の3年間で反転を終え、残りの2年間で持続的成長へとつなげてまいりたいと考えています。そのためには、「抜本的な事業収益力の強化」「財務基盤の再建」そして「グループ経営の強化による顧客起点の統合ソリューションサービスの構築」、この3つを事業運営の基本方針とし、併せて制度改革を含めた企業風土の変革にも取組んでまいります。

私たちはこれからも「One三井倉庫」として常にお客様の視点に立ち、お客様が考える「価値」を共有し、お客様の課題に真摯に向き合い、共により良い社会の実現を目指す総合物流企業であり続けたいと考えております。

引き続き三井倉庫グループにご支援、ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

三井倉庫ホールディングス株式会社
代表取締役社長 古賀 博文

ページトップへ